FC2ブログ

地下に潜伏中です

1月の残り、あと2週間になりましたね。こんにちは。

新年はじまって2週間。
調子はいいですか?
今年はいけそうですか?

わたしは、なんかいけそうな感じがビンビンしてて
実際に最初のほうはボラも大きくいい感じに取れて
これは今月いけるって
思ったところから、
ボラがおさまってきたところで、負けからの、火がついてやらかしてしまいました。

FXむずいですw

で、ツイッターとか他からも逃避してました(´∀`*)

プラテンするまでは地下にもぐろうと。
心に固くちかって。

なんでかっていうと
楽しいから。

FXをはじめた目的がお金をかせぐのもそうだけど、同じ共通項で会話できる友達?みたいなのができたらいいなって思ってて。

で、何かの縁やタイミングでそういう楽しい輪にいつのまにかはいってて。

楽しいねん

だからプラテンするまで我慢しようかと。

自分をふるいたたせるというか、崖っぷちにおいこむというか、はっぱかけるために
ちょっと地下にもぐってます。

あ、オフ会はいきますよ?(。・ω・。)ノがんがんいくで?

ちょっと去年のおわりから体調わるくて
体調わるいまま年があけてしまって、なんてこったなんですけど
ようやく体調が復活したので。

はやくプラテンして復活できるよにがんばります(。・ω・。)ノ
スポンサーサイト

あけおめです(´∀`*)

あけましておめでとうございます(∩´∀`)∩
1年がはじまると、まっさらな手帳に今年の目標ややりたい事、買いたい物をかいていくのが毎年の恒例行事!

が、今年は年末からの咳が悪化してたのでそれどころではなく(´;ω;`)

今日になってやっと、「お?」って感じでおさまってきました。
そんなこんなで今年の目標はとりあえず「健康体になる」ですかね(ノ´∀`*) あはは

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、今年のトレードはどうしましょうか。

去年はイロイロ試行錯誤してて、1000通貨でやることもあれば20万通貨でやることもあり。
そこで、年末に実感したのが
「LOTを増やす壁」
でした。

去年の夏前までは調子がよかったのが、LOTを少しづつあげだして途中で崩壊。
LOTをあげてるのに、利益がかわらないんですよ。
おそらく、LOTをあげることによって、利確が早くなってたりトレードに影響がでてた可能性が。

勝てるようになったらLOTをあげたら利益も♪(*´艸`*)うふふー

と思ってたけど、
やはりそうはいかないと実感しました。

ロットを10倍にしたら利益も10倍~なんて利益だけが増えるわけじゃないんですもんね。

例えば、資金100万、ワンショット1万通貨、で今自分のトレードスタイルが確立しているとする。
じゃロットを10倍に、ワンショット10万通貨にして、利益が10倍、損も10倍。
ここまでは分かってたけど、
資金が10倍になってないことに気づいてなかった。。。orz

どういうことかというと、資金100万なら、資金1000万でトレードすれば同じパフォーマンスに近づけるってことだと思うのです。

それはロスカットラインとかって意味じゃなくて
「自分のトレードに使える余裕資金の量」
も10倍?なの?ってこと。

とうぜん無意識にブレーキかかりますよね。
100万までしか損しちゃダメなんだから。。。
普段より損がおおきくなったら、、、同じメンタルでできないですよね。

もう絶対に自信があって、期待値めっちゃ高い!って、自分のトレードが確立されてれば
もうすこーしロットを増やすのに抵抗はなくなるんだろうけど。
そんなやればやるほど勝てるぜうぇ~~いって人見た事ないですしw

なので、今年は
最低、このラインの利益がとれるだろうロットにあげれるように
トレードスタイルを調整していきます。
(※最低このライン=外にでて働くのと同等の給与)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年はまだまだ始まったばかり。
この1年を充実したものにするかどうかは自分次第。

がんばります(´ー`*)

今年もいちねんよろしくお願いいたします。
みなさんも風邪に気をつけてね
プロフィール

あ~さん(

Author:あ~さん(
自分の頭の中を整理するために、書きだすブログの予定☆
FX歴3年、裁量取引2年。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク